「くりっく株365」の概要 ~ 「CFD取引」の詳細な解説 ~ CFDとの違い

くりっく株365と店頭CFD取引の違い

「くりっく株365」と店頭CFD取引の違い

「くりっく株365」と店頭CFD取引の違い

くりっく株365 説明
株価指数を原資産とした証拠金取引には、金融取の「くりっく株365」 (取引所取引)と店頭取引(非取引所取引)があります。

店頭取引では、株価指数「CFD」
(Contract for Difference=差金決済取引)
という呼び方で一般的に知られています。

それぞれの違いを下表にまとめました。

くりっく株365と店頭CFD取引の違い

「くりっく株365」 店頭株価指数CFD取引
取引可能時間 原則、土・日・祝祭日(現地株式市場)を除いた毎日
ほぼ24時間取引可能(海外株価指数を除く)
取扱会社によって異なる
税率 雑所得扱い
申告分離課税方式が適用され、
税率は一律20%
雑所得扱い
総合課税方式が適用され、
税率は所得額によって15~50%
翌年度以降への
損失繰越
確定申告により可能(最長3年間) 不可能
損益の通算 証券・商品先物取引などと通算が可能 不可能
投資家保護
一般投資家)
投資者保護基金の対象
~補償金額は、一般顧客一人につき1000万円を上限
適用されない
取引価格 複数のマーケットメイカーにより提示された価格の中で、最も投資家に有利な価格で取引ができる
↓
CFD取扱会社により提示された価格での取引
(例)マーケットメイカーによるレート提示
マーケットメイカー 買い気配 売り気配 スプレッド
A社 10,802 10,810 8円
B社 10,800 10,805 5円
スプレッドの差がもっとも小さい組み合わせが売買価格になる→投資家に有利!
「くりっく株365」提示レート
買気配(数量) 売気配(数量) スプレッド
10,802 10,805 3円

レート提示におけるリスク
※相場の急激な変動時等には、マーケットメイカーがカバー取引と呼ばれる反対売買を行う現物・先物市場等での取引量が少なくなることから、スプレッド幅が広くなったり、買呼び値または売呼び値が提示されずに投資家の皆様が取引を行えない等の、不測の事態が発生する可能性があります。
※各商品では複数のマーケットメイカーが常時レート提示を行うことになっていますが、一時的にレートを提示するマーケットメイカーが1社だけとなる、あるいは全くレート提示を行うマーケットメイカーが存在しなくなる状態が発生する可能性があります。

金利相当額 売り方が受け取る金利相当額と
買い方が支払う金利相当額は同額
↓
一般的には投資家が受け取る金利相当額は少なく、投資家が支払う金利相当額は多く設定していることが多い
(例)
「くりっく株365」
受け取り側 支払い側
2円 2円
(例)
店頭CFD取引
受け取り側 支払い側
LIBOR -3% LIBOR +3%
※受け取り側の場合、3%を引いてマイナス金利になるケースは0%となり、金利の受け取りはなくなる。
※LIBOR=ロンドンでの銀行間取引レートのことです
※「くりっく株365」の金利相当額は、全ての店頭CFD取引と比較し、常に受け取り額が多い、または支払い額が少ないということではありません


Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0