「くりっく株365」の概要 ~ 「CFD取引」の詳細な解説 ~ CFDとの違い

強制ロスカットの効果について

強制ロスカットの効果について

強制ロスカットの効果

マージンコールや
強制ロスカットが発生するということは、決して喜ばしいことではありません

マージンコールや強制ロスカットは、リスクを抑える最善の方法のひとつです。

マージンコール、強制ロスカットによって、お客様は保有ポジションの損失が拡大
していることを認識します。
ポジションが強制決済されて、悔しい思いをするでしょう。しかし、人間心理として
自分の予想が間違っていたと認めるのは難しいことです。強制ロスカットがなけ
れば、「いつかは利益に転じるはず」と予測ではなく期待し続けてしまい、損失が
更に拡大してしまうこともあります。例えば日本株における信用取引や商品先物
取引のように強制ロスカット機能のないレバレッジ取引の場合、損失が拡大して
しまうと証拠金の追加入金(追証)を求められます。さらに、預けている証拠金を
上回る損失が発生してしまう場合もあります。

自分の予想に反して椙場が動いてしまい、損失が拡大してくると正しい判断がで
きなくなってきます。強制ロスカットによってポジションが清算された場合、一旦
マーケットの分析を冷静に行い、自信のあるところで取引を再開することが賢明
でしょう。
急激な市場変動の場合には強制ロスカットによっても証拠余残高がマイナスと
なってしまい、マイナス分の入金が必要となることがありますが、平常時であれ
ばマイナスになってしまうことはほとんど起こりません。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0