「くりっく株365」の概要 ~ 「CFD取引」の詳細な解説 ~ CFDとの違い

商品一貴金属・エネルギー・農産物のCFD取引3

商品一貴金属・エネルギー・農産物のCFD取引
市場心理などの要因により、先物価格は一時的に理論値からかけ離れ、割安に 通常、ひとつの商品の相場変動に対して投資するよりも、ローリスク・ローリター
なったり割高になったりする場合があります。
実際のマーケットにおいてこのような状況が起こった際、この状況を利用して利
益を得るため、理論値に対して割高であれば売り取引、割安であれば買い取引を
行うと同時にスポットもしくは現物取引にて反対の取引を行う市場参加者が現
れます。
このような取引手法は「アービトラージ(裁定取引)」と呼ばれ、理論値通りの価格
差に戻れば利益となり、理論値からさらにかけ離れてしまうと損失になります。
ンの取引であると言われています。
アービトラージは、先物価格を理論値に基づいた適正価格に戻し、スポット市場
および現物市場と先物市場の適正な関係を維持する働きがあるため、金融市場
において重要な役割を果たしています。
しかしながら、一般投資家がアービトラージを行う場合、2つの取引コスト(スプ
レッド)や為替レートの変動リスクが発生するため、理論値と先物価格が大きくか
け離れない限り、利益を上げることは難しいと言えます。




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.abaken.com/mt/mt-tb.cgi/16

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0