「くりっく株365」の概要 ~ 「CFD取引」の詳細な解説 ~ CFDとの違い

くりっく株365と日経225miniの違い

くりっく株365と日経225miniの違い

くりっく株365と日経225miniの違い

くりっく株365 説明

日本の代表的な株価指数である日経平均株価(日経225)を対象とする 上場物の株価指数先物取引には、金融取の「くりっく株365」の 日経225証拠金取引と大阪証券取引所の 「日経225先物(日経225mini)」があります。

「くりっく株365」は従来の株価指数先物取引では 満たされなかった投資家の皆様からのニーズにお応えできる商品性を備えています。

下表では、それぞれの商品性の特徴の違いをまとめてみました。

日経225証拠金取引
(金融取「くりっく株365」)
日経225mini
(大阪証券取引所)
取引期限 なし あり(約3ヶ月)
金利相当額 受払いあり 受払いなし
配当相当額 受払いあり 受払いなし
取引時間 8:30~翌6:00 (※米国ニューヨーク州 夏時間適用期間は、 8:30~翌5:00まで) 9:00~23:30
取引成立方法 完全マーケットメイク方式 オークション方式
呼び値単位 1円 5円
ロスカットルール あり なし
(平成22年10月1日時点)




Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0