「くりっく株365」の概要 ~ 「CFD取引」の詳細な解説 ~ CFDとの違い

日経225証拠金取引

日経225 証拠金取引について

くりっく株365 「日経225 証拠金取引」

くりっく株365 説明

日経平均株価(日経平均=日経225)は株価水準を表す指標の一つです。
日経平均の指標を使用したバティブ商品が世界中で多数発売されています。

その中の1つが、「くりっく株365」で取り扱われている
「日経225 証拠金取引」です。

日経平均株価は、60年に及ぶ歴史があり、
内外の投資家や株式市場関係者に最もよく知られています。

日経平均株価は「ダウ式平均」によって算出する指数です。

東京証券取引所第一部に上場する約1700銘柄の株式の
うち225銘柄の株価平均を修正した金額です。

日本経済新聞社がその銘柄を制定し、15秒毎に
算出し国内外の情報提供機関を通じて公表しています。

終戦直後の1ドル=360円の為替レートにちなんだ「1ドル相場」、
1965年(昭和40年)の証券不況での「1200円攻防戦」、
バブル絶頂期の史上最高値3万8915円など、株式市場の
歴史は日経平均抜きには語れません。

1986年9月3日には、日本の株価指数として初めて
先物取引シンガポール取引所(当時のSIMEX)で始まりました。

その後、大阪証券取引所、シカゴ・マーカンタイル取引所への先物、
オプションの上場、2001年7月には上場投資信託(ETF)の上場と、
派生商品にも幅広く利用されています。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0