「くりっく株365」の概要 ~ 「CFD取引」の詳細な解説 ~ CFDとの違い

CFD取引の利点・メリットについて1

CFD取引のメリット

CFDがここ数年、高い人気を誇っているのには様々な理由があります。
そのひとつとして、人々の取引に対する姿勢に変化が現れたことが挙げられます。
個人投資家が洗練されてきたことから、CFDのようなより洗練された取引手段の需要が出てきたといえます。
株式取引において一般的であった、長期に及ぶ「買い持ち」という取引方法は、
もはや魅力的な取引方法ではなくなりました。同時に小口投資家は取引のリ
スクに対する許容度が高まってきたことも事実です。
さらにCFD取引には通常の株の現物取引にはないたくさんの利点があります

<

安い手数料と少額取引

FXオンラインの取引コストは非常に低く設定されています。CFDでの日本株
式の取引手数料率は0.105%(税込)、最低手数料は日本円のオンライン取引
では1、050円(税込)です。


証拠金取引

FXオンラインのCFD取引は証拠金取引となってます。
取引に必要な維持証拠金額は銘柄によって異なります。
例えば、米国のマイクロソフト株のCFD取引を
200、000円相当額行う際、維持証拠金はわずか10、000円です。
従って、非常に少ない証拠金額によって取引を開始することができます。


売りからも始められる

通常、株式の購入取引は相場の上昇を見込んで行われます。
つまり、買いポジションを価格が上昇したところで清算し、利益を獲得するため
に行います。
しかし、株価は常に上がるわけではありません。従って、下降相場でも利益を上
げることができると非常に有用です。
その点、CFD取引では下降相場であっても売り取引をすることで利益を狙うこ
とができます。売り取引は買い取引と同様に簡単に行えます。
これは、これまでの現物株取引にはない、新しい取引チャンスと言えます。




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.abaken.com/mt/mt-tb.cgi/7

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0